当院では地域包括ケアシステムを活用し、外来や入院、在宅医療等のサービスの提供を行っています。また、地域の各施設とも連携を取っています。

くりはらメディカルクリニック

地域包括ケア

くりはらメディカルクリニックは、地域包括ケアシステムを活用した、外来・入院医療・訪問診療の一体的なサービスの提供を積極的に進めております。
人生の最期を自宅でむかえたいと希望するものの、それをサポートできる医療が確立されていないため、患者様の希望する医療ができない現状に対して、少しでも患者様・ご家族が望まれる療養生活を送ることができるように、地域にある保健・医療・介護・福祉の関係者が連携して生活という視点でサービスを提供し、地域住民のニーズに応じて一体的、体系的に提供する仕組みづくりの構築をしてきたいと考えております。

地域包括ケアシステムとは

地域包括ケア

国の社会制度は少子高齢化により持続が危ぶまれていることや、国民の「自宅で療養したい」というニーズに応えるため、持続可能なシステムの構築が求められています。
そのため、今後の地域での医療・介護のあり方として「地域包括ケアシステム」の実現が進められています。
 
「地域包括ケアシステム」は自身の「自主性・主体性」による社会参加を促進するため、地域の特性に応じた「活躍の場」を作り上げていくことが前提にあり、その中で、医療・介護・予防・リハビリテーションを専門職が連携してサービスを提供していくことになります。そのため、社会資源という「活躍の場」を官民一体となって作り上げていくことが大切になります。
 
つまり、これから構築しようとする地域包括ケアシステムとは、前述のようにできる限り住み慣れた自宅や地域で暮らし続けながら、必要に応じて医療や介護等のサービスを使っていき、最期を迎えられるような体制と言うことができ、下図に示すように「本人・家族の選択と心構え」を基盤とした「すまいとすまい方」がまずあり、その上でしっかりとした「生活支援・福祉サービス」に基づいて「医療・看護」、「介護・リハビリテーション」、「保健・予防」が提供されるといった姿が想定されています。

くりはらメディカルクリニックお問合せフォーム

PageTop