当院の緩和ケアの取り組み|座間市栗原の外来(内科・整形外科)・訪問診療・入院医療・各種健診はご相談ください。厚木市・海老名市・大和市・綾瀬市・相模原市南区も訪問エリアです。

くりはらメディカルクリニック

くりはらメディカルクリニックの緩和ケアの取り組み

緩和ケア(在宅ホスピス)とは、
患者様が住み慣れた家で、最期までその人らしく穏やかに過ごせるよう、体の苦痛・不安感・孤独感を和らげ、同時にご家族様も精神的に支えるためのケア・プログラムです。

痛みや苦痛を取り除き、笑顔で穏やかに過ごせるよう、患者様の心に寄り添った在宅医療・緩和ケアと、ご家族が介護疲れなど負担の少なくなるような緩和ケアを理念としております。

当院は「神奈川県の在宅療養支援診療所のモデルケース」を目指し在宅医療に取り組んでいきます。

PCAポンプを用いた痛みの緩和

PCAはPatient Controlled Analgesiaの略で、日本語で「自己調節鎮痛法」と言います。
PCAが導入されるまでは、患者さんが痛みを我慢できなくなると、「ナースコールで看護師を呼ぶ→看護師が痛みを評価する→主治医の指示を確認するか、医師に連絡して処方をもらう→患者様に鎮痛剤を投与する」という段階を踏んでおりました。

この間、患者さんは苦痛に耐えなければなりません。夜間などの医療スタッフが少ない時間帯はこの時間が長くなってしまいます。また、看護師を呼ぶのをためらい、痛みを我慢する患者様もいらっしゃいます。

pca

これに対してPCAは、痛みを感じたときに、患者自身がPCAポンプのボタン1つを押すだけで鎮痛薬が投与されます。

「痛ければいつでも鎮痛薬を投与できる」「医療従事者に気を使わず鎮痛薬を使える」

痛みは自分自身にしかわからない感覚なので、客観的な評価が難しいものです。PCAでは痛みの状態を一番早く把握できる患者さんが、痛みを感じたときにすぐに鎮痛剤を使えるのが利点です。

PageTop